2010年11月30日

自己破産者の家族はどうなる

     
自己破産者になるときに心配なのが家族のことです。
自分が自己破産者になることで家族にまで迷惑がかかることは
本当につらいものです。

しかしあなたの会社が倒産して自己破産者になったとしても
家族が保証人になっていない限り、
親・兄弟・夫婦でも借金の支払い義務はありません。


サラ金業者などが、支払い義務のない家族に対して支払いを請求することは
法律で禁止されています。
もしそのようなことがあった場合は
その業者に「警告書」を内容証明郵便で出せば、取立ては止むはずです。

ですのでまず、家族が借金の保証人になっていないかを確認する必要があります。


もし家族が自己破産者の保証人になっていれば
保証人は借金を返済しなければなりません。



また本人が自己破産者となれば
家族も世間の噂などで辛い思いをすることもありますので
そのことをしっかりと家族で話し合っておく必要があります。
お互いにコミュニケーションを図ることが重要です。



自己破産者となったあとも、
悪質業者が取り立てをしてきた場合は、
刑事事件として告訴したり、民事事件で訴えることも視野に入れることになります。

自己破産者には支払い請求は禁止されていますので
そのことを念頭においてきっちりと行動してください。

クレジットカード 無料
posted by Reworks at 20:33| 自己破産者の心得とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

自己破産者になるということ

自己破産者になるとはどういうことかを考えてみましょう。

破産宣告を受けると借金の取立てからは免れることができるという大きなメリットがありますが
自己破産者のデータが信用情報機関に登録されることになり、
自己破産申告後の7年間はローンやクレジットが利用できません。
いわゆるブラックリストにのるということです。

一般にいう自営業は廃業しなければいけません。
しかし会社に勤務して給料をもらうことはそのまま続けられます。
普通のサラリーマンの方は今までと変わりなく仕事を続けていけるということです。

自己破産者となった経歴が戸籍や住民票に載ることはありませんので安心してください。
選挙権を失うこともありません。


自己破産後に借金がなくなるとともに、
財産も凍結されます。
破産管財人が破産者の財産を現金に換えて債権者に渡すためです。


例えば不動産や自動車や生命保険などの大きな財産は基本的に処分しなければなりませんが、
一般的に生活するうえでの生活必需品を処分されることはありません。
つまり自己破産者の服や食器などの日用品は処分されず、裸一貫になることはないということです。

自己破産者になったという情報は
通常はでまわることはないので今までどおりの生活は続けることができます。
当然同居している家族には何らかの形でわかってしまうとは思いますが
それ以外は問題ないと思います。

財産についてはまた次回に詳しく述べていきます。
    
posted by Reworks at 15:15| Comment(0) | 自己破産者の心得とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己破産者になるための注意

自己破産者になるためにまず注意しておかなければならないことは
だれでも自己破産者として免責が認められるわけではないということです。

下記のような場合は自己破産者として免責が認められないこともあります。

・以前に自己破産の免責を受けていないこと(10年以内)
・自己破産を前提に、過度の借金をしていないこと

以上のようなことをしていない限りは
通常の場合ですと自己破産者として免責が認められることになります。

要するに自己破産の制度を悪用するようなことをしなければ
一度は自己破産の制度を利用することが可能ということがいえると思います。


またもう1つの注意点としてあげるのが
取立屋などの破産代行業者に依頼してはいけないということです。
不用意にこれらの業者に依頼してしまうと
実はその業者が暴力団と関わっているなどして
後々面倒なことに巻き込まれる可能性もあり、
親族や会社などにも迷惑をかけないためにも注意していただきたいところです。

代行してもらいたいときは
弁護士や司法書士の先生方にお願いするのが安全ですし
一番正確だと思います。
料金が高いのではないかと思う方もみえますが
後々のことを考えれば決して高いものではありません。

借金などが増えていくと
日頃の冷静な判断ができなくなって
自分でも思いもよらぬ行動にでてしまうこともありますので
そういうときこそ冷静に現状を見つめて
対処していただきたいと思います。
   
posted by Reworks at 13:43| Comment(0) | 自己破産者の心得とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多重債務で増える自己破産者

多重債務によって自己破産者が急増している原因をもういちど見てみましょう。

■クレジットカードの普及・一般化

まず一番に上げられるのはクレジットカードの普及・一般化です。
クレジットカードは現金がなくても買い物をすることができ、
大変便利なものですが、使い方を誤ると恐ろしいことになります。

いったんクレジットカードを使用するのに慣れてしまうと
商品を購入しているのに自分のお金が減っていないような錯覚に陥り、
気づいたときには大きな借金を抱えていると言うことになりかねません。
アメリカなどでもクレジットカードで多くの借金を抱えるひとが急増しています。

これらはすべて自己責任の世界です。
節度ある使用が出来ない方はクレジットカードを使うのを控えたほうが良いでしょう。
若者の自己破産者はほとんどこのパターンです。


■起業の倒産やリストラ

日本経済の発展の鈍化・停滞により、多くの企業が経営危機に瀕しています。
中小企業だけにとどまらず、大企業までも不況のあおりを受けて倒産するところも出てきています。
あなたの会社も注意が必要です。


■消費者金融会社の拡大
個人の申し立てによる自己破産者は消費者金融からの借金が原因によるものも大きいと言えます。
テレビコマーシャルによる消費者金融業界のイメージアップなども自己破産者の急増に
一役買っていると言ってよいでしょう。


これらを見た上でまず言えるのは
借金返済のための借金など決して行ってはいけないということです。
自己破産者となることは社会的な信用は失いますが
日常生活するうえではほとんど変わりはないのですから。
     
posted by Reworks at 13:19| Comment(0) | 自己破産者の心得とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己破産とは?

自己破産とは多額の謝金により経済的に破綻により
生活に必要なもの以外の自分の財産をすべて失う代わりに、
債務が免除されることをいいます。

簡単に言えば、借金が多すぎて支払いが出来なくなったときに
それらをすべて免除してもらうための手続きといったところです。

自己破産者は自己破産の手続きをして認められれば
債務に終われることなく自由に生活していくことが出来ます。

自己破産者は破産宣告以後に発生した新たな収入や財産を
債務にあてる必要はありません。
それにより経済的にも再スタートをきることができるのです。

昔に比べて自己破産者は増えている傾向にあります。
その原因のひとつに日本経済の伸び悩みや悪化による会社の経営不振、
またそれに伴うリストラなどが上げられます。

その他にはブランド物などを何気軽にクレジットカードで買ってしまい、
気づいたら自転車操業のようになって、
いっぽうの借金を返済するために、
また別のところで借金をするという悪循環に陥っている方もたくさんみえます。
20代の若者にもその傾向が見られます。

このような状態に陥って
健全な社会生活がおくれなくなった方のために
自己破産の制度は存在しています。

もしあなたが多額の借金をかかえ、
返済する当てもなく借金を繰り返しているなら
自己破産を検討してみるべきだと思います。

自己破産者といっても
一般に考えられているほど大きなペナルティはありません。
posted by Reworks at 11:51| Comment(0) | 自己破産者の心得とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
           
カードがなければ、安心して出張や旅行すら行けませんよ。
ブラックや自己破産者でも、100%VISAカードが取得できる方法があります。
私もこのマニュアルを見ましたが、正直こんな方法があったとは驚きでした・・


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。