2010年11月12日

自己破産者の方がよくする誤解

    
今回は自己破産者の方がよくする誤解について述べていきます。


まず自己破産者の方で
ご自分が自己破産したということが
会社にばれるのではないかと心配してみえる方がいます。

これについてはご自分の身の周りの人から情報が伝わらない限りは
会社にばれる事はまずないと思います。

自己破産した際には
国の情報誌「官報」には掲載されますが
官報を見ている方は一般にはほとんどいません。

もし自己破産者であることが会社にばれたとしても
それが原因で会社を解雇されることは不当解雇になりますのでありません。
あとはご自分のメンタル面の問題となります。



また自己破産者の方の中に
自分の自己破産した記録が戸籍や住民票に掲載されるのではないかと
心配して見える方もみえますが
そんな事実はありませんのでご心配なく。



もう二度と普通の機関ではお金は借りられないのか?
という疑問を持っている場合もありますが、
一応答えはノーです。

しかし自己破産者の方は金銭面での信用を失ったわけですから
信用情報機関に5年から7年ほどは名前が載ることになり、お金は借りられません。
しかしそれ以後は問題なく借りられます。

5年から7年間はお金が借りられないため、
自己破産者の方が事業を起こそうという場合には不利ですが
やはり自己破産したという社会的な責任もありますので
ここは辛抱しなくてはなりません。
    
車 査定 オンライン
タグ:自己破産者
posted by Reworks at 01:45| 自己破産者の必要知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
           
カードがなければ、安心して出張や旅行すら行けませんよ。
ブラックや自己破産者でも、100%VISAカードが取得できる方法があります。
私もこのマニュアルを見ましたが、正直こんな方法があったとは驚きでした・・


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。