2008年10月18日

自己破産者の財産はどうなる?

  
自己破産者の財産について詳しく述べていきたいと思います。

自己破産者は自分で債務を返済不可能になった人ですから
当然のことですが現状で返済に充てられるような財産を持っている場合は
生活必需品を除いて差し押さえられます。

主に自動車や不動産、家などと考えてもらえばいいと思います。
住居の場合はすぐに家を追い出されるということではなく、
その家の購入者があらわれるまでは住むことが出来ます。

賃貸にすんでいる場合は、
家主に自己破産したことを知られ、
その上で立ち退きを要求された場合は法律上、
自己破産者は賃貸を立ち退かなくてはいけませんが
自己破産したことを家主が知ることはまずないと思われます。

車に関しては基本的によっぽど中古価値が低い車でなければ(具体的には21万円未満)
差し押さえられることになります。


また自己破産者が日常生活をしていく上で必要最低限の生活必需品は差し押さえ禁止財産とされ
差し押さえられることはありません。

自己破産者の差し押さえ禁止財産とは具体的に言うと
食器類、洋服タンス、ベッド、調理道具、エアコンを除く冷暖房器具、
実印、CDやDVDなどのソフト、漫画、必要な衣類、ゲーム、
29インチ以下のテレビ、冷蔵庫、電子レンジ
年金や失業保険などです。

基本的に高価なもののみが差し押さえの対象となると考えれば
問題ないと思います。
   
posted by Reworks at 22:46| 自己破産者の必要知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
           
カードがなければ、安心して出張や旅行すら行けませんよ。
ブラックや自己破産者でも、100%VISAカードが取得できる方法があります。
私もこのマニュアルを見ましたが、正直こんな方法があったとは驚きでした・・


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。