2008年10月18日

自己破産者になるための注意

自己破産者になるためにまず注意しておかなければならないことは
だれでも自己破産者として免責が認められるわけではないということです。

下記のような場合は自己破産者として免責が認められないこともあります。

・以前に自己破産の免責を受けていないこと(10年以内)
・自己破産を前提に、過度の借金をしていないこと

以上のようなことをしていない限りは
通常の場合ですと自己破産者として免責が認められることになります。

要するに自己破産の制度を悪用するようなことをしなければ
一度は自己破産の制度を利用することが可能ということがいえると思います。


またもう1つの注意点としてあげるのが
取立屋などの破産代行業者に依頼してはいけないということです。
不用意にこれらの業者に依頼してしまうと
実はその業者が暴力団と関わっているなどして
後々面倒なことに巻き込まれる可能性もあり、
親族や会社などにも迷惑をかけないためにも注意していただきたいところです。

代行してもらいたいときは
弁護士や司法書士の先生方にお願いするのが安全ですし
一番正確だと思います。
料金が高いのではないかと思う方もみえますが
後々のことを考えれば決して高いものではありません。

借金などが増えていくと
日頃の冷静な判断ができなくなって
自分でも思いもよらぬ行動にでてしまうこともありますので
そういうときこそ冷静に現状を見つめて
対処していただきたいと思います。
   
posted by Reworks at 13:43| Comment(0) | 自己破産者の心得とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
           
カードがなければ、安心して出張や旅行すら行けませんよ。
ブラックや自己破産者でも、100%VISAカードが取得できる方法があります。
私もこのマニュアルを見ましたが、正直こんな方法があったとは驚きでした・・


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。